phone
email

リノベーションやリフォームでも、ローンや減税を利用できるの?

 

新築で家を建てたり、新しいマンションを購入する際はローンを利用される方が大多数かと思います。しかし購入してから時間が経ったので自宅を手直ししたい、あるいはライフスタイルが変わったので新たに中古物件を購入してリノベーションをしたいという場合、新築と違ってローンが組めないのでは……と諦めてしまうケースも耳にします。


あまり知られていませんが、リノベーションを行う際にもローンは組めるのです。またリノベーションの内容によっては減税措置を受けられることも。今回は、知っておきたいリノベーションのお金の話についてご紹介します。




■リノベーションのタイプによってオススメのローンは2種!



リノベーションには二つのパターンがあります。


まず一つが、すでに住んでいるご自宅をリノベーションする場合です。したがって物件購入費用は必要なく、出費はリノベーション費用のみ。その時に便利なのが、銀行や信販会社が取り扱う「リフォームローン」。

審査基準のハードルも低く、返済期間は最長10〜15年と短めなのが特徴です。

無担保型と担保型の2パターンがあり、無担保型は万が一返済できない場合でも担保を失うリスクがなく、担保型はより多くの金額を借り入れられ、返済期間も長く設定できるメリットがあります。


もう一つのパターンが、中古物件を購入してリノベーションを行うケース。リノベーション費用に加えて物件購入費用がかかるので、リノベーションだけを行う場合に比べて大きなお金が動きます。

こうした場合は、リノベーション費用も住宅ローンに組み込んでしまうのがお得です。住宅ローンは、リフォームローンに比べて金利が低く、返済期間も最長35年と長いため、大きな額の返済に向いています。




■一体型ローン、借入先はどう選ぶ?


借入先となる金融機関には各々、特徴があります。こうした一体型ローンにする場合は、リノベーション会社が紹介する金融機関を選ぶのが無難です。一体型ローン(住宅ローン)は一般的にリフォームローンよりも審査が厳しい傾向があり、審査に通らないケースも。しかしリノベーション会社の紹介による金融機関は、中古物件のリノベーションのローン審査に慣れているというメリットがあります。


ネット銀行は低金利で保証料も不要の場合が多いのが魅力ですが、書類のみの手続きのため審査が厳しい傾向があったり、大手都市銀行・信託銀行は融資手数料が安めで店舗で直接相談ができるメリットがある反面、金利はネット銀行に比べて高い傾向があったり保証料が必要になるなど、それぞれメリット・デメリットがあります。上手に借入先を選んで、無理のない返済計画を立てましょう。




■減税措置を上手に利用して、お得なリノベーションを!



次は気になる減税措置。工事内容や住宅が適用条件を満たしていれば、確定申告をすることで所得税の控除を受けられます。

減税の種類には三つあり、まず一つめが10年以上のローンを利用した場合に適用される「住宅ローン減税」。二つ目が、5年以上の住宅ローンを利用した場合に適用される「ローン型減税」。そして三つ目が、住宅ローンを利用した場合、していない場合のどちらでも適用される「投資型減税」になります。

リノベーション・リフォームの種類や内容により、適用できる制度が異なるので、リノベーション会社にはプランとあわせて資金計画も相談するのがオススメです。


市川市に拠点を構える「ノア・スタイル」では、市川市内、浦安市、船橋市などでマンションや戸建てのリノベーションをはじめ、住みやすくするための各種リフォーム工事を承っております。

この先10年、20年と安心して暮らせる家づくりをしたいとお考えの方や、弊社のスタイルに興味があるけれども資金面や保障面がよくわからず踏み出せない……とお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談下さい。